アマモ研究~熊本県立芦北高等学校との共同研究(8ヶ月目)

熊本県立芦北高等学校(通称:芦高<あしこう>)とのアマモを対象とした共同研究体制も8ヶ月目に入りました。

≪スタート時の話題、当社のアマモ研究についての説明・資料は 【コチラ】

≪ご参考(以前の活動記録): 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】

 

ここまで12月26日、1月22日、2月20日、3月20日の深夜早朝、そして4月20日、5月19日、6月4日(大潮干潮が陽が高い時になってからは昼間)

同校「林業科 アマモ班」のアマモ場造成への活動にも参加させて頂いておりますが、

今月は7月4・5日に「アマモ生育・定植場所の観察・分析」を行いました。

 

 

 

↑ 雨続きで延期による晴れ間での活動。アマモ場もだんだん葉が抜け、また枯死が始まり、ボリューム少なく・茶色い印象となってきました。

 

 

 

↑ 生徒さん男性陣は、アマモ移植試験区などの底質採取。

牡蠣殻を投入したアマモ移植場所、牡蠣殻なしのアマモ移植場所、それ以外(対照区)などの底質を採取します。

 

 

 

↑ 生徒さん女性陣は、分析役。

当社の機材を利用して、当社・北野研究員による測り方レクチャーで水温や成分など各種数値を測定していきます。

 

 

 

↑ そしていつもの集合写真。当社研究員、今回からウェーダーを更新しました!

 

 

 

↑ 翌日、次はラボでの分析。

高校の先生が出張とのことで、当社による試験区の作り方から観察手法・分析手法のレクチャー。

この日から、当社の試験設備(水槽7試験区・追熟装置8試験区)と、アマモ班の試験分が並んでます。

 

 

皆さんお疲れさまでございました。

今シーズンはもう少しアマモ場での調査に入り、アマモ自体と生育環境を把握します。

 

 

 

≪ご案内:8月、取組をプレゼンさせて頂く機会を頂戴しました≫

シンポジウム 「熊本県沿岸域再生の現状と展望」(8月19日開催)にて、

『アマモ場造成に向けた農業気象学の役割~芦北高校林業科アマモ班との連携で始まる取組例』 の題目にて、

当社と芦北高校さんとの取組をお伝えします。

 

当日のプログラムは下記からご参照できます。

http://kumamoto-forum.com/posts/news37.html

 

 

 

≪ご参考:過去活動記録≫

【12月】 【2月】 【3月】 【4月】・ 【5月】・ 【6月】