栽培・分析受託(植物栽培環境別、品種別など比較試験)

New(2021.03-) : ご案内チラシ  _ (ご案内ページ)

プラン例1 : 栽培条件比較試験プラン<コミコミパック50・70>(指定の栽培条件での植物側評価など・報告書事例・用語集など)

プラン例2 : 栽培環境診断プラン<コミコミパック35>(実現場を訪問し、栽培環境を測定診断を行います)

◆ 特集1 : ご要望・お困りごと~「植物工場・ハウス関連」編、 ◆ 特集2 : うまく育たない・・・を解決するための考え方集、 ◆ 特集3 : 栽培経験のある植物の一例

 

オンラインによる打合せ機会が増えたことで、

「依頼者側の考え・調査をもとに栽培試験を行うが、その考え方が合っているか聞いてほしい」、「植物評価のみを生中継で見てほしい」などの

短時間(30分以内)ワンポイントコンサルの数も増えてきました。

まずは【お問い合わせ】いただき、初回「植物、植物栽培環境、植物評価に関するオンライン技術相談」を30分程度行うことも可能です。

(その後の有償とはなりますが、情報集約・文献調査や、期間・回数契約のコンサル等に進む初回打合せの位置づけです)。

 

 

 

 

御要望一例

・植物への評価試験を行いたいが、適正な栽培管理方法や評価方法がわからないので依頼したい。

・植物育成の条件となりうる素材(試作照明や材料など)の効果があるか、植物の比較試験を行いたい。

・植物対象の試験を行いたいが、農学に長けたメンバー不在で評価機材がないため、試験を依頼したい。

・依頼した先のスケジュールや知財の認識の不一致があったので、工数費用算出で要望どおり(スケジュールなど)試験してほしい。

・取得データより、知財化(特許出願)や学会発表・論文執筆を行いたいが、統計処理と見解を頂き、進行への支援をお願いしたい。

 

【当社の特徴】

基本として、まずは秘密保持契約を結び、進めさせていただきます。

また、農学的な手法を用いて、試験設計・栽培管理・生体評価を進めますので、

学術的な報告(学会・論文等)にも利用できる評価体裁でのご提示も可能です。

 

・農学(博士)、農学部出身者、植物工場作業管理経験者 在籍

・毎年1機会以上の学会発表実績

  (直近:2021年途中・2本、2020年・1本、2019年・2本、2018年・3本)

・民間企業さまとの依頼・共同プロジェクト実績が中心です(1ヶ月~1年超期間)

  (直近(民間企業さま):2021年途中・8件、2020年・13件、2019年・14件、2018年・13件)

 

 

 

 

情報集約・文献調査(農学専門)のページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連ご案内】
コンサルタント(栽培環境診断・環境設計・運用指導など)

 

 

 

20170430(13)更新