体制

ごあいさつ

事業コンセプト(リンクします)【2013年度作成:光害対策&植物工場】

こんな技術あります1(キーワード「フェノタイピング」)
こんな技術あります2(キーワード「リモートセンシング」「UAV(ドローン)」「生育調査」)
こんな技術あります3(キーワード「全天画像」「植生評価」「太陽放射環境評価」)

 

企業情報

 

商号 株式会社アグリライト研究所
【配布資料】(2016年7月作成分<今現在の最新版>)
拠点 (2箇所+プロジェクトによる期間拠点)

【本社・水俣研究所】(2018年3月1日~)
〒867-0068 熊本県水俣市浜松町5-98 みなまた環境テクノセンター内
(みなまた環境テクノセンターの電話番号は、当社の窓口ではございませんのでご了承ください)

【山口大学内研究所】(2011年12月19日~)
〒753-8515 山口県山口市吉田1677-1 山口大学農学部気付

Agri-Light Lab. Inc.
c/o Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
1677-1 Yoshida, Yamaguchi-shi, Yamaguchi 753-8515

 

ご訪問の際の場所については、あらかじめ御連絡頂き、
日時(複数候補)と、みなまた環境テクノセンターもしくは山口大学吉田キャンパス内の任意箇所をご案内させて頂いております。

山口大学吉田キャンパスへのアクセスは、【コチラ】
(山口大学HPリンク先)

役員

代表取締役           園山 芳充 (元 山口大学 農学部 学術研究員<8年度間>)
取締役 技術・研究担当  岩谷 潔   (山口大学 農学部 学術研究員 兼任。 博士(農学) )

主な事業内容

【研究事業(外部資金・自己財源による社内研究)】
専門学術領域「農業気象学」を礎とした植物と光に関する研究
・光害対策(農作物「光害」事例集
光害阻止技術の応用研究≪高照度・作物種別≫
(夜間照明による農作物の品質・収量への影響をなくす照明技術)

・植物工場にも関連する研究
植物育成用照明開発や特定成分向上等に対する栽培環境構築応用研究
植物工場の作業環境を、福祉事業や高齢者活躍環境への展開を目指す実証研究

・植物評価手法の応用研究

・植物生育環境(専門「農業気象学」・農学作法による)診断手法の実用化研究
ドローン取得画像やセンサーによる温度などの取得データと、実際の植物の状態を把握し、相関式構築などデータの意味づけまで行う

≪2018年3月~(熊本本社移転後の追加されたテーマ)≫
・薬草を主として対象とした、目的成分が得られる栽培環境構築
・薬草を主として対象とした、目的収穫重量に至るまでの栽培日数短縮への栽培環境構築
・植物の苗生育段階へ栽培環境工夫により、目的(収量・草勢・病害耐性など)を適える研究
・アマモ苗の姿(根張りなど)をコントロールする栽培環境構築(アマモ取り組み配布資料)

≪御社新商品・サービスへ展開できる技術例 ピックアップ≫
こんな技術あります1(キーワード「フェノタイピング」)
こんな技術あります2(キーワード「リモートセンシング」「UAV(ドローン)」「生育調査」)
こんな技術あります3(キーワード「全天画像」「植生評価」「太陽放射環境評価」)

 

【受託研究・共同研究・コンサルタント】(相談例 ≪光害≫ ≪植物栽培≫
植物と光の関係性に関連した内容解決など(上記社内研究テーマも含む)
自社研究開発内容手法を取り入れ、農学学術レベル(取得したデータを分析し客観的な考察を行う)で評価し、
要望される段階までの道筋を示す
・光害対策へ向けて、夜間照明と農作物に対する的確な影響診断
・植物工場などの、光環境を要する生育環境の評価、光環境構築業務
・植物工場などの、生育環境提案、栽培レシピ構築、チューニング技術提案
・植物(葉物・花・根菜)の目的に応じた栽培環境構築手法の研究
・論文などの文献を読み込み要望される情報を集約する業務

 

【栽培・分析受託】
指定光源やお持込の開発照明と植物に対する影響評価など
(農学的手法を用いて、学術の側面からデータを提示する)
自社栽培設備の他、共同研究先でもある山口大学の人工気象器や遺伝子解析装置、
植物工場を活用しての実施も可能

 

【販売】
山口大学シーズ、自社研究成果(学会発表や特許出願も年々続けております)を主とした製品の販売など。
例1、光害阻止技術は、照明メーカーさまと応用研究と商品開発が進められ、
その光らせ方技術が照明メーカー商品に組み込まれ市販されている ≪ご案内≫
例2、植物栽培用LED照明(+栽培環境構築アドバイス) ≪ご案内≫
(その他、植物栽培で使用する資材も販売可能(ある程度まとめた数量)ですが、ワンポイントアドバイスが可能なのが強みです)

 

【測定系立上げ】
植物を対象とした測定手法の研究開発
・植物の従来の測定系データも取得し有用性確認~プログラム構築による表示機構構築
(実績例) 研究用途「気象観測データ」取得装置組み上げと
表示ページ(事例1)(事例2)(事例3)の作成
(リンク先は一般公開用ページ)

保有特許 6件(専用実施権・共同出願含む)
+1件・出願後審査請求前
加入団体・学会

(法人・個人)

やまぐちLED照明研究会
衛星データ解析技術研究会(山口県)
国際ダークスカイ協会 東京支部
照明学会
農業気象学会
日本作物学会
園芸学会
日本農業教育学会
日本自然災害学会
農業農村工学会
日本建築学会
生物環境工学会
日本沿岸域学会
(順不同・法人格省略)

資本金

設立時    300万円(2011年12月19日)
増資後現在 500万円(2012年12月18日付 : 200万円増資)

取引銀行

山口銀行 湯田支店
西京銀行 山口支店
肥後銀行 水俣支店
熊本銀行 水俣支店
日本政策金融公庫

設立

2011年12月19日

外部助成・
委託事業など
経済産業省・農林水産省・科学技術振興機構・山口県・山口市など
受賞歴 2012年11月 「第10回 光都ビジネスコンペ in 姫路」最優秀賞
2015年3月 「第6回山口県産業技術振興奨励賞」山口県産業技術センター理事長賞
2018年9月 「第2回 マリンテックグランプリ」企業賞

設立時案内 山口大学発ベンチャー企業設立についてのご案内(2011年12月設立後・当時)

  ~JSTページによる御案内  ~山口大学による御案内

 

 

ニュースリリース(2015年まで)

【コチラ】

 

 

学会誌(雑誌投稿含む)・学会発表・特許等実績

【コチラ】

 

 

採択実績(外部資金)

 

HP等にて公募情報が掲出され、応募後審査があり採択されたものを示しております。
その他、出願や出展等の補助金も採択されております)

 

その他、山口大学農学部との共同研究を、
2012年度~2014年度
2015年度~2016年度
2016年度
2017年度~2020年度
2019年度~2020年度
にて実施しております。

その他、民間企業さまとの共同研究(+委託研究)を実施しております
(2011年~ 単年度・複数年度等 実績を重ねております)

 

 

 

ブランド名「finevege」

 

     商標 「アグリライト研究所」 : 登録5474954号、  

     商標 「finevege(ファインベジ)」 : 登録5875030号
     (当社・アグリライト研究所での研究成果も利用して設立した、関連会社「株式会社ファインベジプロジェクト」の使用を許諾しております。

     商標 「VegeLEDS(ベジレッズ)」 : 登録5932756号

 

 

20200424(21)更新


やまぐち地域中小企業育成事業助成金
 「光害阻止技術を応用した道路照明と防犯灯の製品開発」
A-STEP 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム ハイリスク挑戦タイプ
 「農作物に光害(ひかりがい)が発生しない高光束道路照明の研究開発」
山口市緊急雇用基金起業支援型雇用創造事業
 「福祉型植物工場システムの商材提案に向けたモデルプラント成立と人材育成プログラムの完成」
やまぐちLED応用製品事業化促進業務
 「生育環境に応じた植物工場用「植物育成LED照明」の普及」
緑と水の環境技術革命プロジェクト事業(1)事業化可能性調査
 「規格外有機JAS認定農産物を用いて安全性を認証したドライペットフードの開発に関する事業化可能性調査」
小規模事業者活性化補助金
 「植物工場での光利用において生育効率を向上させる自動調節機構の完成」
ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金
 「福祉向け植物工場運用に有効な「栽培管理ツール」の開発」
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 【実用技術開発ステージ】
 「都市近郊野菜に光害(ひかりがい)が発生しない夜間照明技術の開発」
平成26年度緑と水の環境技術革命プロジェクト事業(事業化可能性調査)
 「社会福祉施設への植物工場導入に関する事業化可能性調査」
温暖化対策貢献技術支援事業(緩和タイプ)
 「生産現場に対応した実用的なLED電球による省エネ・省資源技術」
省エネ設備等技術確立支援事業
 「園芸補光用高出力電灯のLED化による省エネ設備技術」
やまぐち産業戦略研究開発等補助金(環境・エネルギー分野)
 「おいしさを追及したローコストパッケージ型植物工場栽培用LED照明の開発」
2019年度 課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト
 「衛星データとIoT農業機械による国産パン小麦高収益生産の実証」
環境技術研究開発事業
 「定植事業の規模拡大を後押しする「植物工場技術」を用いた高定着率アマモ苗の効率的大量生産技術の確立」