小麦防除適期予測サービス

特徴

小麦品質に最も影響の大きい、赤カビ病防除適期の開花期の高精度予測と、開花期追肥量の提示により、

生産者さまに対して具体的なアクションプランを、最大実施日の4週間前に提供いたします。

(過去のふりかえり検証用データも算出可能です:

利用例 ~ 予測値と実測値の差異確認(技術導入検証、気象検証など)・今後の収量予測のための過去データ利用など)

 

   小麦の開花期は、赤カビ病防除やパン中華麺用品種の追肥の時期として重要ですが、

   「今年の開花期は何日?」の判断にはご苦労されているものと思います。

   当社では、昨今の気候変動により経験からの判断では早すぎた・遅すぎたとなりがちな

   開花期を、過去5年間実績で精度3日で予測してお知らせするサービスを開始しました。

   予測は播種日や畑の場所の違いなどにも対応して、畑ごとの開花日をお知らせできます。

 

 

申込先

申込専用ページ・支払い決済システムは、現在準備中です。

お申込みの際は、お手数ですが、メールにより下記情報送付をお願いいたします。

(申込後3営業日以内に、解析が可能かを確認し、返信させていただきます。下記チラシ3ページ目ご参照。)

申込いただく際に教えていただきたい項目

・圃場住所(地図へ印したものの画像でも構いません)

・小麦の品種名

・播種日

・お名前、もしくは会社名

メール送付先リンク

 

 

【下記画像チラシpdf】

https://www.agri-light-lab.co.jp/wp-content/uploads/ALL-w-v20220807.pdf

 

 

≪本サービスへ至ったプロジェクト:内閣府 S-NET 掲載取材記事≫

【2020年4月(取材記事)】

≪その後、2022年度実施のプロジェクト≫

https://www.agri-light-lab.co.jp/?p=7191