イネ光害~白色LEDによる影響事例(2016年追加2)

「白色LED照明によるイネ光害」の続きです(【1】はこちら)

 

【県道交差点の白色LEDによるイネ光害(灯具のみ交換)】

 

↑ 照明の白色LED化において、照明柱(ポール)はそのままで、

灯具のみ交換する事例も増えてきています。

この交差点もその例で、交差点照射の目的をかなえ、

かつ、交差点とは逆方向の後方側へも光が照射されているようです。

 

 

↑ 視点を変えてみると、この圃場も広範囲でイネ光害がおこってしまっています。

穂が出ている黄緑色に見える部分と、穂が出ていない緑色部分がはっきり差があります。

 

 

【市街地交差点の白色LEDによるイネ光害】

 

 

↑ 水田のみ広がるエリアに、だんだん市街地化して、

水田と居住・商業地域が混在する交差点の白色LEDによる光害事例です。

 

 

イネ光害事例(2016年追加版)は、「3」に続きます≪こちらから

 

◆ これまでお示しした「光害事例」集は → 【コチラ】